キービジュアル

企業による保育施設設置支援事業

企業による保育施設設置支援事業

子育てと仕事が両立できる職場へ

子育て仕事
両立できる職場

東京都及び(公財)東京しごと財団では、子育て中の方も安心して働くことができる職場環境づくりの取組のひとつとして、都内に保育施設設置を考える企業を応援します。

企業による保育施設設置支援事業

企業による保育施設設置支援事業

企業主導型保育事業とは?

企業主導型保育事業は、従業員のための保育施設の設置・運営の費用を助成する国(内閣府)の事業です。
企業主導型保育施設は、企業が従業員のために、会社と同じ建物や駅の近く、住宅地などに設置できるもので、自社の従業員だけでなく、他の企業との共同利用や地域に住む方の利用枠も設定できる保育施設です。また、延長・夜間、土日保育などの働き方に応じた多様で柔軟な保育サービスが提供できます。
本事業を活用して保育施設を設置した企業に対しては、開設にかかる備品類の購入費用を支援する東京都の助成金制度(企業主導型保育施設設置促進事業)もあります。